Webで集客したいattract

成功につながる“Web戦略”をご存知ですか?反響を呼ぶ「戦力」には、必ず戦略がある。

「SEO対策で検索順位が上位なのに注文が増えない…」「デザインにこだわった割に反響がない…」。ただ単に検索順位上位を目指したり、見た目を美しくしたりするだけでは、Webサイトで成果を出すことはできません。ユーザビリティや動線を意識した制作、Webサイトの位置付けが、成功の鍵を握るのです。

集客・販促したい担当者が陥るWebサイトにまつわる5つの誤解

誤解1「検索順位1位にさえなれば、絶対反響は増える!」

すべての訪問者が、御社の商品・サービスを欲して
Webサイトを閲覧しているとは限りません。

Webサイトの検索順位が上位になったからといって、必ず反響が増えるとは限りません。確かに、SEO対策・リスティング広告・SNSマーケティングで検索順位の上位表示を実現できれば、Webサイトへの訪問者は確実に増えるでしょう。しかし、自社のターゲットとしているユーザーに訪問させ、Webサイト内で自社商品・サービスを選ぶべき理由を明示し、お問い合わせへと誘導する動線がなければ、成功にはつながりません
検索順位の上位表示は、Webサイトに訪問してもらうひとつのきっかけに過ぎず、成功には直結しないのです。GoogleやYahoo!の検索順位1位を狙う“だけ”のWeb戦略は、もうやめましょう。

誤解2「かっこよくてキレイなサイトデザインなら、成果が出る!」

優れたユーザビリティが伴っていなければ、
いくら美しくても、ただの見かけ倒しです。

Webサイトの「デザイン性」には、見た目ではなく、お問い合わせや商品注文に至る動線設計、回遊性など、様々な要素が含まれています。つまり、Webサイトがユーザーにとって使いやすく、内容がわかりやすいものでなければ、お問い合わせや商品注文につながらないのです
利便性や動線の良し悪しは、ボタンの色・設置場所などでも大きく左右されます。また、ターゲットとするユーザーの性別や年齢によっても「使いやすさ・わかりやすさ」の定義は異なります。その点を踏まえることなく、美しい見た目“だけ”にこだわってサイトデザインを構築したとしても、成果には直結しません。

誤解3「テンプレで作ったWebサイトでも、訪問者がいれば売上になる!」

Webサイトにおける売上につながるサイクルを
成立させない限り、ずっと「戦力外」のままです。

WebサイトにSEO対策を施し、リスティング広告をかけるだけで、成果が出るとお考えの担当者様は少なくないでしょう。確かに、検索や広告でWebサイトへの流入を増やすことは大切です。しかし、あくまでも、Webサイトは、御社を知ってもらうツールの一部。売上に至るサイクルを踏まえてWebサイトを構築しなければ、成果が出ることはありません
Webサイトへの流入の多さが、果たして本当に売上につながっているのか?つながっていないのなら、コンテンツ・デザイン・文章・動線をどう改善するのか?その方法を見極めるのも、「戦力」となるWebサイトに欠かせない“Web戦略”です。

誤解4「成果が出ないのは、全部Webサイトが悪い!」

ネット上でのアピールに適した商品・サービスですか?
一概にWebサイトが悪者だとは言えません。

「今あるWebサイトがもっとこうだったら…」と、Webサイトが売上につながらないのは、Webサイト“だけ”に原因があるとお思いではありませんか?もちろん、サイト設計に問題がある場合も少なくありません。しかし、「商品のPRポイントを明確にできていない」「サービスの優位性や特徴を表現できていない」「広告をうまく活用できていない」など、実は意外なところに要因があるかもしれません
そこに目を向けずに、ただWebサイトのせいにしているのは、とても危険です。御社自身が商品やサービスの魅力を把握した上で情報発信することも、成功につながる要素のひとつなのです。

誤解5「Webサイト単体で、十分な集客・販促が見込める!」

Webサイト独立の戦略では不十分です。
メディアミックスで効果的な方法を模索しましょう。

Webサイトだけが、御社の事業活動や商品・サービスをアピールするのに最適なツールだとは限りません。チラシや雑誌媒体、DM、パンフレットなど、ターゲットとするユーザーにアプローチする方法は多岐にわたります。そうした様々な広告とWebサイトをうまくメディアミックスさせる中で、どうすればWebサイトが実力を発揮できるのか検討することが重要なのです
Webサイトに依存して、それだけで集客・販促を狙うのは賢い方法だと言えません。多様なツールとWebサイトとの相乗効果を見込んでWeb戦略を練ることが、Webサイトを成功につながる「戦力」にする有効的な方法なのです。

ひとつでも当てはまっていれば、早急にご連絡ください!
「戦力」になるWebサイトで本気の集客・販促、始めませんか?

PAGE TOP