ランディングページ制作LP production

ユーザーを巧妙に誘導して成果を獲得する。確かなWeb戦略を構築できれば、不可能ではありません。

ランディングページ(LP)を、売上や集客に結び付ける手法として選ぶ企業は少なくありません。実際にリスティング広告などで見かけることは多いでしょう。しかし、ランディングページの広告を出したからといって、必ずしも成果に直結するわけではありません。商品やサービスの魅力を最大限に伝えて成功を収めるには、やはりWeb戦略が欠かせないのです。

どうしてランディングページが必要なの?

ユーザーに「即決」を促すことで、成果獲得が期待できるからです!

そもそも、ランディングページ(LP)とは出稿する広告媒体や検索キーワードに合わせて、資料請求や商品購入を促すために制作するWebページのことです。コーポレートサイトとは違い、資料請求や商品購入といった具体的なアクションをユーザーに即決させることが大きな目的です。そのため、ユーザーの離脱率を下げてコンバージョン率を上げるような工夫が施されます。

Webサイトとランディングページの違いは?

具体的なアクションを引き起こす、様々な仕掛けが施されています!

通常のサイトとランディングページの違い
通常のサイトとランディングページの違い
【一般的なWebサイト】
一般的なWebサイトでは、会社案内や業務紹介など、様々な目的に応じた複数のコンテンツを通して情報を発信しています。ユーザーは自分の興味に合わせてサイト内を回遊するため、関心のないコンテンツに遷移するとWebサイトから離脱する可能性があります。そうなると当然、資料請求や商品購入といった具体的なアクションには結び付きません。
【ランディングページ】
資料請求や商品購入の促進に最適化されたのが、ランディングページです。他ページへのリンクやナビゲーションを設けず、上から下に読み進める構成で離脱を防ぎます。また、ユーザーの知りたい内容を最適な順番で掲載し、ニーズを理解した流れで情報を掲載することで、効果的にコンバージョン率を高めることが可能となっているのです。

Webサイト戦力化.comのLP制作の特徴は?

3C分析に基づくWeb戦略で、訴求力の高いLPを目指しています!

資料請求や商品購入の促進ができるからといって、ただ商品やサービスの紹介に特化したランディングページを作るだけでは、決して成果をあげることはできません。顧客・競合・自社の3つの領域を分析する「3C分析」を実施することで見つかる最適なWeb戦略が、ユーザーを惹き付ける訴求力の高いランディングページに仕上げるのです。

3C分析

  • 【顧客分析】
    ユーザーがどのようなキーワードで検索しているのか、一体何を求めているのかを把握するのが、顧客分析です。ユーザーニーズを汲み取ることで、コンバージョンにつながる最適なランディングページの「流れ」を見つけることができます。
  • 【競合分析】
    ユーザーはより自分の希望に近い商品・サービスを見つけるために、他社サイト(ライバル企業)を比較検討します。そのため、ライバル企業のWebサイトを分析して戦略を知れば、より上をいく最適なコンテンツ作成も不可能ではありません。
  • 【自社分析】
    ランディングページでアピールする自社商品・サービスの優位性や、ユーザーにとってのメリットを事細かに分析します。その上で、顧客・競合分析で明らかになったポイントを加えれば、効果的なWeb戦略を打ち立てることが可能になるのです。

ランディングページ制作実績

Webサイト戦力化.comでは、これまで数多くのランディングページを制作してまいりました。
心強いもうひとつの「戦力」をご所望であれば、ぜひWebサイト戦力化.comにご相談ください。

  • 株式会社うちナビ様

    株式会社うちナビ様

  • 東京ケーブルネットワーク株式会社様

    東京ケーブルネット
    ワーク株式会社様

  • 株式会社BeMIND様

    株式会社BeMIND様

  • 自社運営サイト

    自社運営サイト

PAGE TOP